SAYEGUSA online shop

articles

2020.05.15

NEW!! #Stay Home ❤️ Message for KIDS Vol.7

第七弾!おうちですごす子どもたちに届いたメッセージ。

大切な皆さまへ

はじめに、新型コロナウイルスの犠牲となった方々に心からお悔やみを申し上げますとともに、闘病中の皆様の一日も早いご回復を心からお祈りいたします。
また、最前線で尽力する医療従事者の方々、私たちの生活を維持するために外で働き続けてくださっている方々に心からの感謝を捧げます。

昨日、39県の非常事態宣言が解除されましたが、東京・大阪をはじめ8都道府県の解除はまだこれから。
今からが本当に力を合わせる時かもしれません。この先の一人一人の行動が一刻も早い終息につながります。気を緩めることなく、外出の自粛や人との接触削減など#わたしたちにできること #STAY HOME を一緒にがんばっていきましょう。

SAYEGUSAでは、「自粛生活を我慢するだけでなく、小さな喜びや楽しみを見つけて、明るい気持ちを持ち続けてほしい」「心の疲れを少しでも癒していただきたい」という想いで、「おうちですごす子どもたちへの応援メッセージ」をお届けしてきました。

これまでに届いた、12組のクリエーターさんからのおうち時間が楽しくなるようなプレゼントメッセージ。音楽や本、ぬり絵やパズル、クラフト工作など、お楽しみいただけましたでしょうか?
今日は第七弾。ラストとなる13組目のメッセージをご紹介します。

 

また皆さまにお会いできる日を楽しみに、一日も早い事態の終息と、皆さまのご健康を心よりお祈りしております。どうぞお気をつけてお過ごしくださいませ。

クリエーターさん達からのあたたかい思いが、虹の架け橋となって皆さまの心に届きますように!

2020年5月15日
ギンザのサヱグサ

 

*作品づくりに参加したら、ぜひその成果を見せてくださるととても嬉しいです。感想文やクリエーターさんたちへのお手紙も大歓迎です。

お子様の作品データはこちらへ送りください→ shibue@saegusa.com


Message 13.宮川ヨシヒロ(ミック)さん(写真家)

 

 

今回、ラストを飾るメッセージをくださったのは、写真家の宮川ヨシヒロさん。私たちはミックさんとお呼びしています。ミックさんとサヱグサのおつきあいは4年目となります。ミックさんの写真はクールでいてそこはかとない優しさを感じる不思議な魅力があります。クラウンブック、オフィシャルサイトのインタビュー撮影、イベントや里山ツアー、サヱグサがプロデュースする希少米「コタキホワイト」関連とさまざまなシーンで撮影をお願いしてきました。2018年からの里山ツアーでは毎回、長野県栄村の小さな集落・小滝の自然や人々とふれあってイキイキとした表情をみせる親子や、里山の魅力を引き出す写真をたくさん撮影してくださっています。

 

今回のメッセージでミックさんは、携帯カメラで撮影したお花の写真を公開!そして、撮影のヒントを教えてくだいました。私たちにもこんな素敵な写真が撮れるかもしれません!ぜひチャレンジしてみてくださいね!

ミックの写真屋の宮川ヨシヒロです。

みなさんお元気ですか?

大変だと思いますが、

いつでも、

どこでも、

どんなときでも、

好きなことを見つけて、

楽しみましょう!

私は写真が好きなので、

写真の撮り方を教えます。

ミックの写真屋の

窓ぎわ写真スタジオです!

準備するものは

携帯カメラとお花です。

1お昼の明るい時間に

2部屋の電気を消す。

3花を窓の前に置きます

4カメラでお花に近づきましょう

5とっても明るく撮る!

私はIphone8+で撮影しました。

挑戦してみてください!!

2020年5月15日
ミックの写真屋 宮川ヨシヒロ

 

プロフィール

宮川ヨシヒロ(ミック)

1977年大阪生まれ 2001年大学院修了後、日本写真映像専門学校に入学、卒業後は株式会社アマナに入社、2011年に独立してミックの写真屋を設立。現在、広告、雑誌で活躍中。散歩をしながら作品を作成。さまざまな世界を画一的に表現する。


クリエーターさん達からのメッセージは、とりあえず、今回がラストとなります。メッセージをお送りくださったみなさまに心からの感謝を申し上げます。
おうちで過ごす時間はこれからも続きますが、ちいさな楽しみをみつけながら、心も体もどうぞお元気でお過ごしください!
またお会いできる日を楽しみにしております!


#最前線で働く人に感謝    #おうちですごそう #わたしたちにできること